【撮影】2011 ビジネスプランコンテスト

2011-10-11 | Category:ビデオ撮影, レポート一覧

10/5に開催されたビジネスプランコンテストの撮影をしてきました。

県内中小企業のほか金融機関や大学等の参加を得て、異業種間や産学官の交流・連携を通して、事業開拓に積極的に取り組む企業を育成・支援するフロンティア企業クラブと(財)えひめ産業振興財団が毎年実施しております。

このコンテストを見学するのは今年で3度目になります。

正面向かって、後方に位置取り撮影を行いました。
ズームをきかせることになるので、シビアなパンワークが要求されます。
さらにモニターをとらえるか、プレゼンターをとらえるか少々、迷いもありカメラワークに表れていた感は反省です。

まだまだ甘いと実感。

さて、ビジネスプランコンテストですが、私自身も(財)えひめ産業振興財団にはお世話になっており、このコンテストへ参加するお誘いを受けた事もありますが、プランだけ語って受賞できるほど甘くありません。

他の参加者はすでに多くの投資を行い販路を開拓してプレゼンテーションに挑んできます。絵に描いた餅では評価されません。

過去3年見てきた感想として、自分の体一つでやる自営業レベルのプランでは受賞は難しい。例えば、プランナー、コンサルタント、セミナー、教室等といった目先の数字がすぐはじけるようなビジネスモデルは受賞が難しい印象があります。

反対にビジネスモデルは新規性や事業性はあるが、プレゼンが弱く受賞を逃されたような印象の方もいました。

理想を言えば、今までにない商品を開発し、流通販売代理店の販路を開拓し、売れ行きに応じて、増産体制をしいてさらなるレバレッジ効果を生むようなビジネスモデルで、なおかつ、現時点でここまで進捗しているというレベルで3か年計画で売り上げ規模で数千万円の計画が立てれるようなビジネスモデルが有望な気がします。

例年、大賞受賞者は自ら企画した商品を開発している方が受賞している傾向があります。自ら開発した商品への思い入れは他者をよせつけない熱い思いを感じますし、プラン自体もしっかり練られています。そうした方はすでに精力的に活動して実績も公表していました。
またフロンティア企業クラブは主にモノ造りをしている企業を支援しているので、そうした事も審査にプラスになるのかなと思います。

「どのプランもとても素晴らしいものでした。ただビジネスなのか、ボランティアなのかやりたい事は分かるがビジネスプランコンテストである以上、審査するのは非常に難しい。」
と、主催者の方が挨拶で言っていたように今年は審査が非常に難しかったようです。

ボランティアなのか、ビジネスなのかその線引きは必要ですね。

私自身もベンチャーという響きは好きなので、たまに口にしますが、
ベンチャーといって、単なる商売をしているなと思う事があります。

とてもいい刺激をいただいたので、来年はステージに立てれるようプランを立てたいと思います。

【2011 ビジネスプランコンテスト】
主催:フロンティア企業クラブ/(財)えひめ産業振興財団
■今年のコンテストの結果
http://www.ehime-iinet.or.jp/zaidan/frontier/business23.html

「【撮影】2011 ビジネスプランコンテスト 」のレポートをご覧いただきありがとうございました。フェイスブックやツイッターもやっております。

スポンサーリンク

関連ページ一覧

最新制作実績

  • 【WEB】済生会松山 訪問看護ステーション様 コーポレートサイト公開

    CLIENT : SAISEI ST URL : http://saimatsu-houmon.com/ DESIGN & CORDING CMS : WordPress SOFTWARE : Dreamweav
    続きを読む

     

    【WEB】株式会社森川ガーデン様 コーポレートサイト公開

    CLIENT : MORIKAWA Garden Co.ltd URL : http://morikawagarden.jp/ DESIGN & CORDING CMS : WordPress SOFTWARE
    続きを読む

     

    【WEB】株式会社みなと様 コーポレートサイト公開

    CLIENT : MINATO Co.ltd URL : http://e-minato.net/ DESIGN & CORDING CMS : WordPress SOFTWARE : Dreamweaver,
    続きを読む

     
     
    お問合せ
  • - ページのトップへ -