映像編集について

ハイクオリティな映像・動画を目指して

映像編集には上限はありません。静的なグラフィックと違い、文字やグラフィックに動きや音を加える動的な表現を必要とするので、非常に時間がかかります。カット割り一つとってもこだわるケースでは1フレームずつ調整して、多大な時間をかけて編集作業を行っております。トランジションの絶妙な表現をはじめ、モーショングラフィックスや3DCG等、視聴者に響く映像を創るために何度も何度も試行錯誤しながらクオリティを高めております。

ドーガープロモーションでは編集に強みを持ち、他の映像制作会社にも劣らない映像表現を可能としております。

映像編集の流れ

1

素材確認・編集準備

撮影した素材や持ち込み素材をノンリニア編集機にキャプチャして、一通りの素材確認を行います。持ち込み素材の場合、素材のフォーマットを確認し、適宜変換作業も行います。

2

編集方針の打ち合わせ

まずはこちらのイメージとお客様のイメージの方向性を映像サンプル、制作目的、使用状況、納期など基本的な項目の確認を行い編集の方向性を決定します。

3

編集作業開始

打ち合わせによって決められた工数・納期に応じて、編集作業には最大限のパフォーマンスを出します。この段階で構成部分をしっかりとおさえた流れで編集作業を進めます。

4

仮編集プレビュー

打ち合わせによって、決定した事項を元に方向性・イメージを再度、摺り合わせを行います。改めてご確認いただいたのち、編集作業と仮編集を繰り返しながら、よりよい作品に仕上げていきます。

5

MA編集

本編集が終了し、映像が完成した段階で、最終工程のMA編集では、ナレーション・音楽(BGM)・効果音(SE)をまとめます。ナレーションは別途スタジオにて収録するようになります。ナレーション収録には、専門用語の発音や読み方など、あらかじめ随時チェックして頂きます。
BGM・SE・ナレーションなどが録音されたら、そのボリュームバランスを調整しながらミックスして、作品が完成します。

6

デジタルデータ・DVD・テープ・WEBアップロードにて納品

お客様に完成した映像素材を確認していただいてOKをいただいたき最終調整した作品をご希望のメディアにコピー、オーサリングをして納品いたします。

※CMの場合等HDCAM等のテープ納品の場合、1本/¥21,000の別途費用をいただきます。
※大量のコピーの場合は別途費用、後日の納品となります。

持ち込み素材について

持ち込み素材による編集のご依頼も受け付けておりますが、動画の形式やメディアによってはお引き受けできない場合があったり、変換作業やキャプチャに別途料金いただくこともございます。あらかじめご確認の上、お問い合わせください。

 

 
お問合せ
 

最新制作実績

- ページのトップへ -